忍者ブログ

お役立ち情報

お役立ち

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






月に名前を残した男 江戸の天文学者 麻田剛立



月に名前を残した男 江戸の天文学者 麻田剛立 (角川ソフィア文庫)


幼少期から天体の観測を続けた少年は、独学でケプラーの第三法則を見つけ、やがてクレーター・アサダとして月に名を残す。大阪に日本初の天文塾を開き、日本の近代天文学の礎となった偉人の生涯をいきいきと描く。
内容(「BOOK」データベースより)
「ぼくの計算したとおりに日食が起こった!」。江戸後期、幕府の暦にない日食を予測した16歳の少年は、はじめ自分が間違っているのだと思った。しかし、優れた観察力をもつその眼は、歴史を塗り替える発見を重ねていく―。日本初の天文塾を開き日本の近代天文学の礎となった麻田剛立。その名は「アサダ」として、月のクレーターにも刻まれている。貴重な資料とともに、知られざる偉人の生涯を、周囲の人々とのかかわりのなかで描く。
PR





ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実



ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実


石原慎太郎氏推薦! 「捏造された歴史を見直し、日本人の誇りを取り戻そう。資料は事実を語っている」(石原氏のオビ推薦文より)。心ある一般の人は、南京大虐殺や従軍慰安婦のまやかし、捏造やデマと戦う保守言論に賛同しつつも、一抹の不安を抱いていた。「では、大虐殺がなかったという証拠は?」――かくしてソウルの日本大使館前に、堂々と従軍慰安婦の像が据えられる有様となった。本書は、良識を持つ日本人の「一抹の不安」を解消するために生まれた。じつに全ページにわたって古地図、従軍カメラマンの写真、当時の新聞記事など「証拠」のオンパレード。これらの史料を読めば、いや、眺めるだけで、南京事件や慰安婦問題、領土問題の「捏造」が瞬時に理解できる。百聞は一見にしかず。われらの祖先である日本人が、鬼畜の蛮行に及ぶ訳がないではないか。近現代史研究家が、長年にわたり血と汗によって探し出した未公開史料を満載したビジュアル解説本。





ユーロ危機で日本は復活する!



ユーロ危機で日本は復活する!

ギリシャの危機は一旦収まったかに見えます。しかし、本当の危機はこれからです。ユーロは最大のお荷物を背負ってしまいました。これからずっとユーロを苦しめるでしょう。そして、日本の円高は続いていきます。多くの経済評論家がギリシャのユーロ離脱がなくなったことで世界は安泰であるかのように言っていますが、本当は逆です。その真実を『日本は破綻しない!』の著者、上念司が明らかにします。
内容(「BOOK」データベースより)
インフレ・ターゲットといってもあいかわらず低いインフレ率しか想定出来ない日銀貴族。財政の健全化といっても増税しか考えられない政府・財務省官僚。危機を助長するだけのマヌケな政策はもういらない。ユーロ危機をチャンスに変える政策がここに。






嘘だらけの日米近現代史



嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書)

■気鋭の憲政史研究者が“本当の歴史"を明らかにする
「日本人が信じている教科書的アメリカ史」は嘘だらけだった……。日米近現代史の真実を知ることでアメリカ・コンプレックスを払拭し、正しい歴史認識を提示する。

■ご存じですか? これが真実だ!
●大統領評
リンカーンは極悪人、ウィルソンは狂人、ルーズベルトはスパイ、クリントンは破壊者etc.

●日米関係
「ペリーを鼻であしらっていた江戸幕府」「アメリカを怯えさせた大日本帝国」「ソ連との片手間の中国との片手間のイギリスとの片手間に、アメリカの喧嘩を買った日本」etc.
「『偉大なるアメリカには従わざるをえない』――といった価値観は正しいのか?」 本書は「民族の生存を最終的に決するのは歴史認識」と指摘するなかで、読者にこう問いかける。
そして、日本人が自立するためには、「本当の歴史」を知るべきであり、そのためには、まずアメリカの嘘をあばく必要がある、と指摘する。
憲政史研究者でもある著者はアメリカ建国からペリー来航、世界大戦、そして現代にいたるまで、日米関係を冷静に俯瞰し、
日本人が日本人として当たり前の姿を取り戻すために歴史認識を改めよ、と迫ります。筆者の鋭い視線が日本人の歴史観を射抜く。

■本書より
日本人の精神的自立には、正しい歴史の勉強が最良の処方箋です。自分の国の歴史がわからなければ、自立も何もありません。
民族の生存を最終的に決するのは、この歴史認識です。亡国の民となっても、強靭な精神力だけを頼りに復活した民族はいくつもあります。
例えば、ポーランドやイスラエルといった国の強靭な精神力と結束力は歴史認識から発生する自信によるものです。
その意味でアメリカ史などは、北朝鮮も真っ青の歴史歪曲のオンパレードです。しかもそれをアメリカ国民が頑なに信じているから自信につながっているのです。
本書をとりあえず一読してください。通説、つまり「日本人が信じている、教科書的アメリカ史」がいかに嘘にまみれているかがわかると思います。
まずは、日本人自身が、日本人として当たり前の姿を取り戻すときなのです。
日本人全員に問いかけたい。
「日本が敗戦国のままでいいのですか?」と。

■本書の構成
第一章 捏造だらけのアメリカ建国神話
第二章 知られざる日米の蜜月
第三章 世界大戦の勝者はソ連だった
第四章 敗者としてのアメリカ
第五章 冷戦期の“お利口さん“
第六章 アメリカよ、世界を返せ!
内容(「BOOK」データベースより)






東京今昔 街角散歩



東京今昔 街角散歩 (単行本)


都内各地の明治後期~昭和40年代の写真・絵葉書と現代を定点対比しつつ、街角散歩を楽しむためのガイドブック。おすすめルート図と見どころ紹介を付け、見て楽しく使って便利な構成。
【収録エリア】
皇居、丸の内、日比谷、霞が関、神保町、九段、赤坂見附・市ヶ谷、六本木、浅草、吾妻橋、上野・御徒町、谷中・根津、御茶ノ水・湯島、本郷、秋葉原、日本橋、京橋、銀座、築地、新橋、浜松町、品川、大森、蒲田、飯田橋・神楽坂、早稲田、水道橋~小石川、護国寺~東池袋、巣鴨、駒込、王子、清澄白河、門前仲町、両国、スカイツリー周辺、千住、柴又、池袋、新宿、渋谷、目黒、三軒茶屋、中野、高円寺、荻窪、吉祥寺、調布、立川、八王子、町田




カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア





ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank

  • SEOブログパーツ


最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ